薬用アットベリーでかゆみが?痒みを改善できる成分を配合!

薬用アットベリーはVIOやワキの黒ずみを改善する効果に期待ができる、黒ずみクリームです。アットベリーは肌に直接塗るものですから、肌への効果が心配ですよね。

  • 肌には悪影響があるの?
  • 痒みはないの?

といった事が気になるかと思います。特にかゆみに関しては、黒ずみの悩みを解決したいのに、新たな悩みの種ができるわけですから大問題です。

 

そこでこの記事では、このような黒ずみクリームで痒みが生じる原因と、アットベリーの安全性について紹介しています。

 

クリームで痒みがでるのは何故なの?

 

よくクリームを塗ったら痒みが出てしまう事ってありますよね。そもそもなんで痒くなってしまうの?といった事を紹介していきます。

 

結論としては、配合成分が肌に合わなかった場合のかゆみと、肌の乾燥によるかゆみがあります。

 

配合成分が肌に合うかどうかは実際に使用してみなければ分かりませんが、アットベリーは安全性が高い作りになっています。

 

アットベリーは7つの無添加で作られています。

  • 添加物
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン(防腐剤)

不使用です。

 

肌に合わない場合のほとんどが、添加物が配合されていることによる原因です。しかし、アットベリーは無添加で作られていますので、添加物によるかゆみを感じる事がありません。特にデリケートゾーンなどは肌が弱く、添加物による刺激を受けやすいので、無添加で作られているアットベリーはデリケートゾーンなどの敏感な部位の黒ずみに最適かと思います。

 

アットベリーは痒みが出ないだけでなく、かゆみ改善することも可能

 

特にデリケートゾーン(VIOライン)の肌の痒みで悩まされている方も多く見られると思います。

そんなお悩みをアットベリーで解決できるかもしれません。その理由として、かゆみに効果的な成分を配合しているからです。

  • 保湿成分を6種類配合
  • 炎症を抑える成分を配合

このように、肌のかゆみを改善するのに効果的な成分をアットベリーには配合しています。黒ずみのケアだけでなく、かゆみにも対応することが可能です。

 

 

アットベリーでは痒みが出ないような成分配合になっていますが、万が一痒みが出てしまった場合も、痒みを抑える改善する成分が配合されているので安心です。

 

またどうしても、アットベリーでのかゆみが心配でしたら、公式サイトで購入すると180日間の全額返金保証が利用できますのでおすすめです。

購入後180日(6ヶ月)間も保証期間があるのはアットベリーだけだと思いますので、他のクリームを買うよりも安心感がありますよね。

 

  • 下着がスレて痒みが出ている
  • 脇が乾燥してヒリヒリとかゆみがある

といった方に黒ずみケアのアットベリーがおすすめです。

 

投稿日:

薬用アットベリーで美尻に!?おしりの黒ずみへの効果とは?

薬用アットベリージェルはワキなどにできた黒ずみを改善する効果に期待ができる黒ずみケアクリーム(ジェル)です。

アットベリーは7つの無添加素材で作られており、肌に優しい作りになっていることから、顔やVIOラインなどのデリケートゾーンにも使用することが可能です。

デリケートゾーンの黒ずみが改善したら、次に気になるのがお尻!いや、むしろお尻の方が水着で見られる可能性があるので先かも?

というわけで、この記事では薬用アットベリーのお尻の黒ずみへの効果について調べてみた事を紹介していきたいと思います。

アットベリーでお尻の黒ずみを改善!

薬用アットベリージェルを使用すれば、お尻の黒ずみを改善する効果に期待ができます。

その理由としては、アットベリーには以下の2つの効果があるからです。

  • 美白効果
  • 保湿効果

黒ずみを改善するためには、この2つが重要です。

美白成分が配合されていなければ、そもそも黒ずみに効果に期待は出来ませんし、何より医薬部外品として販売することができません。(アットベリーは厚生労働省に認められた美白成分を一定数配合している医薬部外品に指定されています。)

保湿成分が配合されていなければ、黒ずみが改善するのが遅くなってしまうでしょう。黒ずみを改善するためには、肌の皮膚を生まれ変わらせる必要があるのですが、ターンオーバーによって肌は生まれ変わります。ターンオーバーは肌が乾燥していると正常になりませんので、ターンオーバーを正常にするためにも、肌の保湿は非常に重要になってきます。

 

アットベリーでは黒ずみ予防にも効果的?

黒ずみができる原因の1つとして、肌の刺激が挙げられます。肌は刺激を受けてしまうとメラニンを生成してしまい、ターンオーバーによりメラニンを体外へ排出できなくなると黒ずみやシミとして残ってしまいます。

お尻は身体のなかでも非常に刺激を受けやすい部位です。

  • 椅子
  • 下着

といったものから日々刺激を受けてしまっているんです。

このような刺激を受けてしまうと、お尻の黒ずみをいくら改善したとしても、また出来てしまうというループにハマってしまいます。

そこでおすすめなのが薬用アットベリーです。

薬用アットベリーは「トリプルサンドケア」といったケア方法で黒ずみを予防することが可能です。

トリプルサンドケアというのは、

  • 内部
  • 表面
  • バリア

といった3つのケアをアットベリー1つでケアできるというものです。内部、表面というのは、黒ずみへのケア方法で、バリアというのが黒ずみ予防ということです。

アットベリーは他の黒ずみケアクリームと比べて豊富な保湿成分を配合しています。この保湿成分で肌の表面にバリアを作ることで、外部からの刺激を防ぎ、結果的に黒ずみを予防することが可能になるわけです。

この予防ができるのは薬用アットベリーだけですので、お尻の黒ずみへの効果には最適かと思いますよ。

投稿日:

アットベリーでデリケートゾーンの匂いを改善できるって本当?

薬用アットベリーは無添加素材でできている肌に優しい黒ずみケアクリームで、敏感な部位でも使用できることから、デリケートゾーンにも使用が可能です。

そんなアットベリーはデリケートゾーンの黒ずみに効果的なのはもちろんなのですが、匂いケアにも効果的ってご存知ですか?

デリケートゾーンのニオイって気になりますよね。もしかして彼氏や旦那さんに嫌なニオイと思われてたらどうしようなんて考えちゃいますよね。

アットベリーはデリケートゾーンのニオイをどれほど改善できるのかについて調べてみました。

アットベリーがニオイケアに対応している理由

そもそも黒ずみケアクリームであるアットベリーは、なぜニオイケアにも対応しているのでしょうか?黒ずみとニオイってあまり関係なさそう…

アットベリーには2つのニオイに効果が期待できる成分を配合していました。

  • 桑エキス
  • 天然ビタミンE

これら2つの成分が配合されていることで、アットベリーにニオイケアに効果的ということが分かりました。通常の黒ずみケアクリームにはこのようなニオイケア成分は配合されていないことがほとんどです。

もう少し成分を詳しく見てみましょう。

桑エキスは、抗菌作用や雑菌の繁殖を抑える働きが期待できる成分です。

天然ビタミンEは、肌の老化や肌荒れを予防する働きに期待ができる成分です。

このように、アットベリーは、雑菌の繁殖を抑えて肌荒れを予防してニオイケアすることができるということが分かりました。

 

デリケートゾーンの匂いの原因ってなに?

そもそもデリケートゾーンってなんで匂いが出てしまうのでしょうか?結論としては、汗などによって蒸れて雑菌が増えてしまい、その雑菌が匂いの原因となっています。他にも汗が擦れたことによって匂いの原因となることもあります(つばを指で擦って見てください。匂いが出てきませんか?これがデリケートゾーンでも起こっているということなんです)

黒ずみの原因も肌の擦れによるメラニンの増加が原因ですので、黒ずみと匂いは似たような性質があると言えますね。

 

つまり、デリケートゾーンの匂いを予防&改善するためには、雑菌の繁殖を抑える必要があります。

そこで登場するのが薬用アットベリーです。

アットベリーは黒ずみケアクリームでありながら、雑菌の繁殖を抑える効果に期待ができる成分を配合しています。

 

生理前のデリケートゾーンの匂いに悩まされている方も多いかと思いますが、アットベリーを使うことで改善されたといった口コミも見られました。

しかしアットベリーの主な目的は黒ずみケアですので、おまけ程度の効果に期待をしておいた方がいいかと思われます。

投稿日:

デリケートゾーン(VIOライン)に黒ずみが出来るのは何故?アットベリーで改善可能?

脇・二の腕・デリケートゾーンなどにできた黒ずみを改善する効果に期待ができるアットベリーは口コミでも評判で人気となってきました。

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は多いかと思いますが、そもそもなぜデリケートゾーンに黒ずみができてしまうかご存知でしょうか?アットベリーで黒ずみを改善する前に、まず黒ずみができてしまう原因を知らなくてはなりません。でなければ黒ずみを改善してもまたできてしまいますからね!

 

では、デリケートゾーン黒ずみができる原因と、アットベリーの効果について解説していきたいと思います。

 

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみの原因は?

 

デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因にはこのような原因が考えられます。

 

  • 無駄毛を沿った際の肌への刺激
  • 下着の締め付けによる刺激
  • デリケートゾーンを触れたり洗ったりした際の刺激

 

このような肌の刺激が黒ずみの原因になります。(紫外線も黒ずみの原因にもなりますが、デリケーゾーンで紫外線を浴びる方は稀だと思いますので除外しています)

 

 

肌は刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニンを生成して肌が硬くなっていきます。肌が硬く黒ずんでいきます。通常はメラニンが生成されてもターンオーバーにより肌の外部へ排出されて黒ずみにはならないのですが、過剰にメラニンが生成されてしまうとターンオーバーが間に合わず、黒ずみとして肌に残ってしまいます。

 

結論としては、デリケートゾーンの黒ずみは刺激が原因ということになります。

 

アットベリーでデリケートゾーンの黒ずみは改善可能?

アットベリーでは、内部・表面・保護の3パターンのアプローチ方法で黒ずみに効果を発揮します。

  • 成分をしっかりと浸透させて内部からケア
  • 肌の表面からも黒ずみケア
  • 最後に肌の保護をして刺激による黒ずみ予防

 

先程、黒ずみの原因は「刺激」という事をお伝えしましたが、薬用アットベリーは、デリケートゾーンの黒ずみを改善するだけでなく、予防する効果にも期待が出来るのです。

アットベリーに配合されているセラミド、エラスチンといった保湿成分により、肌の表面に保護バリアを作り、刺激を防ぎ、黒ずみを予防することが出来るのです。

 

特に刺激を受けて黒ずみが出来やすいデリケートゾーンの黒ずみ対策として、アットベリーは効果的と言えるでしょう。

 

アットベリーは無添加なのでVIOラインにも安全に使える!

 

薬用アットベリーは無添加で作られているので、デリケートゾーンはもちろん顔など、全身に使用することが可能です。

市販されている商品は添加物が多く配合されていることもあり、肌荒れや痒みを引き起こす可能性があり、デリケートゾーン(VIO)への使用は適していない場合がほとんどです。

 

アットベリーは医薬部外品の無添加で副作用の報告もなく安心してデリケートゾーンの黒ずみに使用できるかと思います。

アットベリーの口コミについてはこちら

 

投稿日:

アットベリーのデリケートゾーンへの使い方|効果的なポイントは浸透力

アットベリーは脇やデリケートゾーンの黒ずみを改善する働きに期待ができるクリームです。そんなアットベリーは使い方を間違えると全く効果が出ずに後悔してしまうかもしれません。

正しいアットベリーの使い方を習得してキレイなデリケートゾーンを取り戻しましょう。

アットベリーの使い方のポイントは浸透させること

 

アットベリーの大事なポイントとしては、どれだけアットベリーの美容成分を肌に浸透させることができるかということです。

どれだけ効果が高い成分が配合されていても肌の表面だけに塗っていてはメイクと一緒です。

肌には外部からの侵入を防ぐバリア機能が備わっていますが、それらのバリア機能を突破して浸透させるために、正しい使い方を知る必要があるわけです。

 

  1. 黒ずみがある場所の汚れを落とす
  2. アットエリーを塗り込む
  3. 手のひらで温めて浸透力アップ

 

このような流れになっています。

 

アットベリーの使い方は、基本的にどこの部位でも同じ使い方となっています。(アットベリーは、VOラインは使用可能ですがI、ラインなどの粘膜部位は使用不可ですので、デリケートゾーンの黒ずみの改善を考える方は気をつけてくださいね。)

 

まず大事になって来るのが、黒ずみの場所の汚れを落とすことです。黒ずみに汚れが付いている状態ですと、汚れがアットベリーの浸透を妨げてしまいます。汚れというのは泥とかではなく、汗や皮脂汚れといったものです。このような汚れはお風呂でいつも通り体を洗うだけで落とすことができますので、アットベリーを塗る場所は特に入念に洗いましょう。

アットベリーを塗る際は優しく、塗った後はすぐに塗った場所に手を当てて温めてください。アットベリーは熟成方式をとっています。温めることでしっかりと肌に浸透するということです。

これを1日2回の朝晩に使用してください。デリケートゾーンに1日2回塗るのは面倒かとは思いますが、デリケートゾーンは下着の擦れにより特に刺激を受けやすい部位でもありますので、継続的に使用しなければ効果は発揮出来ません。

 

アットベリーの効果を上げる使い方とは?

 

黒ずみができる原因は紫外線によるメラニン色素の生成と言われていますが、他にも肌の擦れが原因となることもあります。特にデリケートゾーンは下着による擦れが多い部位ですので、刺激を抑えてあげる必要があります。刺激を抑えるためには保湿をしてあげる事が効果的です。肌に保湿をすることで保湿成分がバリアとして働いてくれるわけですね。

 

アットベリーには保湿成分は十分配合されていますが、浸透する分もありますので、2度塗りをしてあげると効果的に保湿をすることが可能です。

 

アットベリーはニオイケア成分も配合していますので、デリケートゾーンとの相性は最適です。

 

投稿日:

薬用アットベリーはデリケートゾーンにも塗って大丈夫?

薬用アットベリージェルは、脇や二の腕にできた黒ずみを改善することが可能な美容ジェルです。黒ずみと言えば…デリケートゾーンに出来た黒ずみに悩んでいる女性は多いのでは無いでしょうか?

 

  • アットベリーはデリケートゾーン(VIO)にも使って大丈夫なの?
  • デリケートゾーンに使用した時の危険性は?
  • デリケートゾーンの黒ずみに効果が出る期間は?

 

といった気になることが多いのでまとめて調べてみました!アットベリーが気になっているデリケートの黒ずみに悩んでいる女子は最後まで読んでみてくださいね。

 

そもそもアットベリーはデリケートゾーンに使っても大丈夫?

 

結論からお伝えすると、薬用アットベリージェルはデリケート(VIO)に使用しても問題ありません。

 

公式サイトにも「問題ない」との記載がありましたので安心して使用できます。(公式サイトにしっかりと明記されていない商品なのに、デリケートゾーンにも使用できると記載しているサイトもありますのでご注意ください。)

また、薬局やドラッグストア販売されている多くの黒ずみケア商品は、デリケートゾーンに使用できないのがほとんどですのでご注意ください。

 

アットベリーをデリケートゾーンに使用した際の危険性は?

薬用アットベリーは、問題なくデリケートゾーンに使用することが分かりました。でも実は危険性があるのでは?といった不安がありましたので調べてみました。

 

そもそもデリケートゾーンへ使用できるかの有無はどこにあるのでしょうか?

 

結論としては、添加物を配合しているか否かによって、デリケートゾーンに使用できるかどうかが決まってきます。

 

防腐剤などの添加物が配合されている化粧品を、敏感な部位(デリケートゾーン)のに塗ってしまうと、肌荒れなどを起こしてしまう可能性があります。

※肌荒れ…ブツブツ、痒み、腫れ

 

薬用アットベリーは添加物を配合していない、無添加で作られています。

化粧品などでよく配合されている以下の成分を配合していません。

 

  • 合成香料
  • シリコン
  • 合成界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン
  • 着色料

 

添加物を配合していないから効果が低くなってしまうのでは?などと考える方もいるかと思いますが、そんな事は一切ありません。

むしろ無肌な成分が取り除かれることで、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して塗ることができ、効果を最大限に発揮できるかと思います。

 

アットベリーでVIOに効果が出る期間は?

では薬用アットベリーをデリケートゾーンに使用した場合、効果が出るまではどれくらいの期間が必要になるのでしょうか?

 

結論をお伝えすると2ヶ月~3ヶ月といった期間が必要になるかと思ってもらえればいいかと思います。

 

え?そんなに時間がかかるの?

 

と思った方も多いかと思います。黒ずみの状態や体質により個人差はありますが、平均これくらいの期間がかかってしまうのにはターンオーバーという身体の仕組みがあるからです。

 

黒ずみを改善するためにはターンオーバーで新しい皮膚を作り、新しく生まれ変われせるしかありません。このターンオーバーの効果が出てくるのが平均2ヶ月~3ヶ月と言われています。

ターンオーバーは年齢によっても変わってきます。

 

彼氏や旦那さんのためにデリケートゾーンを綺麗にしたいと考えているのでしたら、アットベリーで黒ずみを改善するにはある程度の時間がかかってしまいますので、早め早めの行動をオススメします。

 

 

投稿日: