薬用アットベリーでかゆみが?痒みを改善できる成分を配合!

薬用アットベリーはVIOやワキの黒ずみを改善する効果に期待ができる、黒ずみクリームです。アットベリーは肌に直接塗るものですから、肌への効果が心配ですよね。

  • 肌には悪影響があるの?
  • 痒みはないの?

といった事が気になるかと思います。特にかゆみに関しては、黒ずみの悩みを解決したいのに、新たな悩みの種ができるわけですから大問題です。

 

そこでこの記事では、このような黒ずみクリームで痒みが生じる原因と、アットベリーの安全性について紹介しています。

 

クリームで痒みがでるのは何故なの?

 

よくクリームを塗ったら痒みが出てしまう事ってありますよね。そもそもなんで痒くなってしまうの?といった事を紹介していきます。

 

結論としては、配合成分が肌に合わなかった場合のかゆみと、肌の乾燥によるかゆみがあります。

 

配合成分が肌に合うかどうかは実際に使用してみなければ分かりませんが、アットベリーは安全性が高い作りになっています。

 

アットベリーは7つの無添加で作られています。

  • 添加物
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン(防腐剤)

不使用です。

 

肌に合わない場合のほとんどが、添加物が配合されていることによる原因です。しかし、アットベリーは無添加で作られていますので、添加物によるかゆみを感じる事がありません。特にデリケートゾーンなどは肌が弱く、添加物による刺激を受けやすいので、無添加で作られているアットベリーはデリケートゾーンなどの敏感な部位の黒ずみに最適かと思います。

 

アットベリーは痒みが出ないだけでなく、かゆみ改善することも可能

 

特にデリケートゾーン(VIOライン)の肌の痒みで悩まされている方も多く見られると思います。

そんなお悩みをアットベリーで解決できるかもしれません。その理由として、かゆみに効果的な成分を配合しているからです。

  • 保湿成分を6種類配合
  • 炎症を抑える成分を配合

このように、肌のかゆみを改善するのに効果的な成分をアットベリーには配合しています。黒ずみのケアだけでなく、かゆみにも対応することが可能です。

 

 

アットベリーでは痒みが出ないような成分配合になっていますが、万が一痒みが出てしまった場合も、痒みを抑える改善する成分が配合されているので安心です。

 

またどうしても、アットベリーでのかゆみが心配でしたら、公式サイトで購入すると180日間の全額返金保証が利用できますのでおすすめです。

購入後180日(6ヶ月)間も保証期間があるのはアットベリーだけだと思いますので、他のクリームを買うよりも安心感がありますよね。

 

  • 下着がスレて痒みが出ている
  • 脇が乾燥してヒリヒリとかゆみがある

といった方に黒ずみケアのアットベリーがおすすめです。

 

投稿日:

薬用アットベリーで美尻に!?おしりの黒ずみへの効果とは?

薬用アットベリージェルはワキなどにできた黒ずみを改善する効果に期待ができる黒ずみケアクリーム(ジェル)です。

アットベリーは7つの無添加素材で作られており、肌に優しい作りになっていることから、顔やVIOラインなどのデリケートゾーンにも使用することが可能です。

デリケートゾーンの黒ずみが改善したら、次に気になるのがお尻!いや、むしろお尻の方が水着で見られる可能性があるので先かも?

というわけで、この記事では薬用アットベリーのお尻の黒ずみへの効果について調べてみた事を紹介していきたいと思います。

アットベリーでお尻の黒ずみを改善!

薬用アットベリージェルを使用すれば、お尻の黒ずみを改善する効果に期待ができます。

その理由としては、アットベリーには以下の2つの効果があるからです。

  • 美白効果
  • 保湿効果

黒ずみを改善するためには、この2つが重要です。

美白成分が配合されていなければ、そもそも黒ずみに効果に期待は出来ませんし、何より医薬部外品として販売することができません。(アットベリーは厚生労働省に認められた美白成分を一定数配合している医薬部外品に指定されています。)

保湿成分が配合されていなければ、黒ずみが改善するのが遅くなってしまうでしょう。黒ずみを改善するためには、肌の皮膚を生まれ変わらせる必要があるのですが、ターンオーバーによって肌は生まれ変わります。ターンオーバーは肌が乾燥していると正常になりませんので、ターンオーバーを正常にするためにも、肌の保湿は非常に重要になってきます。

 

アットベリーでは黒ずみ予防にも効果的?

黒ずみができる原因の1つとして、肌の刺激が挙げられます。肌は刺激を受けてしまうとメラニンを生成してしまい、ターンオーバーによりメラニンを体外へ排出できなくなると黒ずみやシミとして残ってしまいます。

お尻は身体のなかでも非常に刺激を受けやすい部位です。

  • 椅子
  • 下着

といったものから日々刺激を受けてしまっているんです。

このような刺激を受けてしまうと、お尻の黒ずみをいくら改善したとしても、また出来てしまうというループにハマってしまいます。

そこでおすすめなのが薬用アットベリーです。

薬用アットベリーは「トリプルサンドケア」といったケア方法で黒ずみを予防することが可能です。

トリプルサンドケアというのは、

  • 内部
  • 表面
  • バリア

といった3つのケアをアットベリー1つでケアできるというものです。内部、表面というのは、黒ずみへのケア方法で、バリアというのが黒ずみ予防ということです。

アットベリーは他の黒ずみケアクリームと比べて豊富な保湿成分を配合しています。この保湿成分で肌の表面にバリアを作ることで、外部からの刺激を防ぎ、結果的に黒ずみを予防することが可能になるわけです。

この予防ができるのは薬用アットベリーだけですので、お尻の黒ずみへの効果には最適かと思いますよ。

投稿日:

アットベリーでデリケートゾーンの匂いを改善できるって本当?

薬用アットベリーは無添加素材でできている肌に優しい黒ずみケアクリームで、敏感な部位でも使用できることから、デリケートゾーンにも使用が可能です。

そんなアットベリーはデリケートゾーンの黒ずみに効果的なのはもちろんなのですが、匂いケアにも効果的ってご存知ですか?

デリケートゾーンのニオイって気になりますよね。もしかして彼氏や旦那さんに嫌なニオイと思われてたらどうしようなんて考えちゃいますよね。

アットベリーはデリケートゾーンのニオイをどれほど改善できるのかについて調べてみました。

アットベリーがニオイケアに対応している理由

そもそも黒ずみケアクリームであるアットベリーは、なぜニオイケアにも対応しているのでしょうか?黒ずみとニオイってあまり関係なさそう…

アットベリーには2つのニオイに効果が期待できる成分を配合していました。

  • 桑エキス
  • 天然ビタミンE

これら2つの成分が配合されていることで、アットベリーにニオイケアに効果的ということが分かりました。通常の黒ずみケアクリームにはこのようなニオイケア成分は配合されていないことがほとんどです。

もう少し成分を詳しく見てみましょう。

桑エキスは、抗菌作用や雑菌の繁殖を抑える働きが期待できる成分です。

天然ビタミンEは、肌の老化や肌荒れを予防する働きに期待ができる成分です。

このように、アットベリーは、雑菌の繁殖を抑えて肌荒れを予防してニオイケアすることができるということが分かりました。

 

デリケートゾーンの匂いの原因ってなに?

そもそもデリケートゾーンってなんで匂いが出てしまうのでしょうか?結論としては、汗などによって蒸れて雑菌が増えてしまい、その雑菌が匂いの原因となっています。他にも汗が擦れたことによって匂いの原因となることもあります(つばを指で擦って見てください。匂いが出てきませんか?これがデリケートゾーンでも起こっているということなんです)

黒ずみの原因も肌の擦れによるメラニンの増加が原因ですので、黒ずみと匂いは似たような性質があると言えますね。

 

つまり、デリケートゾーンの匂いを予防&改善するためには、雑菌の繁殖を抑える必要があります。

そこで登場するのが薬用アットベリーです。

アットベリーは黒ずみケアクリームでありながら、雑菌の繁殖を抑える効果に期待ができる成分を配合しています。

 

生理前のデリケートゾーンの匂いに悩まされている方も多いかと思いますが、アットベリーを使うことで改善されたといった口コミも見られました。

しかしアットベリーの主な目的は黒ずみケアですので、おまけ程度の効果に期待をしておいた方がいいかと思われます。

投稿日: