アットベリーのデリケートゾーンへの使い方|効果的なポイントは浸透力

アットベリーは脇やデリケートゾーンの黒ずみを改善する働きに期待ができるクリームです。そんなアットベリーは使い方を間違えると全く効果が出ずに後悔してしまうかもしれません。

正しいアットベリーの使い方を習得してキレイなデリケートゾーンを取り戻しましょう。

アットベリーの使い方のポイントは浸透させること

 

アットベリーの大事なポイントとしては、どれだけアットベリーの美容成分を肌に浸透させることができるかということです。

どれだけ効果が高い成分が配合されていても肌の表面だけに塗っていてはメイクと一緒です。

肌には外部からの侵入を防ぐバリア機能が備わっていますが、それらのバリア機能を突破して浸透させるために、正しい使い方を知る必要があるわけです。

 

  1. 黒ずみがある場所の汚れを落とす
  2. アットエリーを塗り込む
  3. 手のひらで温めて浸透力アップ

 

このような流れになっています。

 

アットベリーの使い方は、基本的にどこの部位でも同じ使い方となっています。(アットベリーは、VOラインは使用可能ですがI、ラインなどの粘膜部位は使用不可ですので、デリケートゾーンの黒ずみの改善を考える方は気をつけてくださいね。)

 

まず大事になって来るのが、黒ずみの場所の汚れを落とすことです。黒ずみに汚れが付いている状態ですと、汚れがアットベリーの浸透を妨げてしまいます。汚れというのは泥とかではなく、汗や皮脂汚れといったものです。このような汚れはお風呂でいつも通り体を洗うだけで落とすことができますので、アットベリーを塗る場所は特に入念に洗いましょう。

アットベリーを塗る際は優しく、塗った後はすぐに塗った場所に手を当てて温めてください。アットベリーは熟成方式をとっています。温めることでしっかりと肌に浸透するということです。

これを1日2回の朝晩に使用してください。デリケートゾーンに1日2回塗るのは面倒かとは思いますが、デリケートゾーンは下着の擦れにより特に刺激を受けやすい部位でもありますので、継続的に使用しなければ効果は発揮出来ません。

 

アットベリーの効果を上げる使い方とは?

 

黒ずみができる原因は紫外線によるメラニン色素の生成と言われていますが、他にも肌の擦れが原因となることもあります。特にデリケートゾーンは下着による擦れが多い部位ですので、刺激を抑えてあげる必要があります。刺激を抑えるためには保湿をしてあげる事が効果的です。肌に保湿をすることで保湿成分がバリアとして働いてくれるわけですね。

 

アットベリーには保湿成分は十分配合されていますが、浸透する分もありますので、2度塗りをしてあげると効果的に保湿をすることが可能です。

 

アットベリーはニオイケア成分も配合していますので、デリケートゾーンとの相性は最適です。

 

投稿日: